電子タバコ選びの注意点

電子タバコ選びの注意点!!本体編

国内でも徐々に広がりを見せているとはいえ、まだまだ市場へ流通されている商品の品質も均整されていないのが現実にあるでしょう。

電子タバコVAPEを調べていく中で、まだまだ粗悪品も出回っているように感じました。

そんな粗悪な商品を掴まぬよう、電子タバコVAPEを選ぶ際の注意点を考えてみました。


選ぶ時にチェックすること

ここ数年の広がりに伴い、メーカーや販売店の数も増えてきています。

現在、電子タバコが置かれている状況の中、格安などの売り文句に飛びつくことなく、確認すべき点をチェックすることが、安全に使用することにも大きく関わってきますのでしっかり考えて選びたいものです。

では実際に、確認しておくべき点を紹介したいと思います。

CHECK1
日本の企業が携わっている

日本人に合った商品を日本の基準で製造されているということは重要なことです。

故障などの時にも便利な面も多いですし、やはり安全=日本製というイメージはあります。

しかし、電子タバコ本体は調べてみても純日本製(国内工場で生産)と言い切れるものは、ほとんどありませんでした。

日本製と謳ってはいるけれど…黒に近いグレーなものはありましたが、中国製(中国国内工場で生産)のものが多いようです。

やはりコストやライセンスの問題が大きいのでしょうか。

なので少なくとも日本が開発・販売などに関わっているメーカー・販売店を選ぶことをおススメします。

CHECK2
安全対策をしっかり行っている

メーカー・販売店メーカー・販売店のサイトをチェックしていると、工場での自主検査・第三者による検査などを実施しているところも増えてきました。

こういった品質管理をしっかり行っているかどうかの確認も重要です。

それと製品に保証があるかどうかも確認したいです。

製品保障があれば単純に安心材料の一つになりますし、自社の製品を自信を持って送り出していることにも繋がりますから、保障が付いていることも大きいです。

CHECK3
各事件事故への対応

「電子タバコにマルウェアが仕組まれていた事件」や「電子タバコ爆発事件」、 「厚生労働省の電子タバコから発がん物質やニコチン検出という発表」についてなど電子タバコの事故事件は多からず起きています。

そのようなことへの自社なりの見解をまめに発表している会社も、安全へしっかり目を向けているんだなと感じます。

電子タバコ選びの注意点!!リキッド編

リキッドは蒸気の元となる物ですので、直接口に入る物になります。

味わいなど自分に合ったものを見つけることも大切ですが、まずは安全な物を選びその上で自分好みの味を見つけることがいいでしょう。

リキッドは「安全性が第一」安全な物を選ぶことに重点を置いて考えていこうと思います。

 

選ぶ時にチェックすること

ここ数年の広がりに伴い、メーカーや販売店の数も増えてきています。

現在、電子タバコが置かれている状況の中、格安などの売り文句に飛びつくことなく、確認すべき点をチェックすることが、安全に使用することにも大きく関わってきますのでしっかり考えて選びたいものです。

では実際に、確認しておくべき点を紹介したいと思います。

CHECK1
日本製か海外性か

メーカー選びのところでも書きましたが、日本人に合った商品を日本の規制の中で製造されているということは重要なことです。

「メイドインジャパン」といえば、世界中で高品質製品の代名詞になっているように品質の保証は、日本企業が得意とする分野でもあるわけです。

以前は日本製のリキッドはあまり流通しておらず、なかなか自分に合ったものを見つけづらいという欠点がありましたが。

最近は電子タバコVAPE(ベイプ)の広まりと共に日本製リキッドを扱うメーカー・販売店も増えてきていますので、きっと日本製品であなたに合うものも見つかると思います。

CHECK2
成分検査の実施されている

以前に厚生省より電子タバコからホルムアルデヒドなど発がん物質やニコチンが含まれていたという発表もありました。

最近は第三者試験などの成分検査を実施しているメーカーも多くあります。

発がん性物質や従来の紙巻きタバコに含まれているような有害物質などが含まれていないことを証明するための検査が行われているかは確認しておきたいものです。

CHECK3
ニコチンの有無

ニコチンの有無については製造国にも大きく関係してきます。

日本国内ではニコチン入りリキッドは薬事法により販売・譲渡は禁止されていますので国内では販売・購入できないのです。

しかし、「個人輸入」や「輸入代行」にて購入・入手する方法もあります。

現在は輸入代行への規制も厳しくなり、限りなく黒に近いグレーゾーンになっているようです。

すなわち、日本国内での譲渡・転売は禁止。個人の使用であれば数量規制のもと個人輸入が出来るということになるそうです。

まあ、これから電子タバコの広がりと共に規制なども整ってくると思いますので難しくなっていくとは思いますが…。

特に減煙・禁煙に利用しようとする人は、どうしてもタバコに近い感覚を求めるためニコチン入りのリキッドに手が伸びやすいと思います。

しかし、ニコチン(特に液体)は使い方次第で十分な毒物になるものです。

あまりおススメはできません。

ちなみにニコチンの危険性についても少し調べてみました。


ニコチンの危険性

ニコチンは、ほぼ全ての生物に対して毒性を発揮するため殺虫などの用途で使用される事もあります。

紙巻きタバコの煙を吸う行為ではそれほどまでの毒性はありませんが、直接的な摂取だと非常に危険な物になります。

特に高濃度なものは経皮からも吸収されるとされ触れるだけでも危険なようです。

ではニコチン入りリキッドの濃度はどのくらいのものなのか。

ニコチンリ入りキッドにはすでに配合されている既製品の物とベース液や香料を自分で配合する物とがあります。

既製品ではニコチン濃度が6mg-12mg-18mg-24mg/mlぐらいのものが多く

自作用のベース液になると36mg-72mg-100mg/mlの高濃度なものまであります。

ニコチン致死量は0.5mg~1.0mg/kgと言われていますので60kgの成人で30~60mg、20kgの子供で10~20mgで致死量に達してしまいます。(生米一粒が22mg程度)

毒物で有名な青酸カリの致死量は150~300mg程度と言われていますので、その毒性の強さがわかります。

これだけ毒性の強いものですので間違ってでも誤飲などないよう注意しなくてはなりません。

ましてや小さいお子さんがいる家では、取り扱いや保管まで厳重に考える必要があると思います

まとめ

以上、注意点を考えてきましたが、電子タバコVAPE(ベイプ)選びは、多少の手間は掛かりますが、 最低限のチェックをしてからの購入をおススメします!!


電子タバコ選びの注意点!!本体編

CHECK1
  日本の企業が携わっている

CHECK2
  安全対策をしっかり行っている

CHECK3
  各事件事故への対応


電子タバコ選びの注意点!!リキッド編

CHECK1
  日本製か海外性か

CHECK2
  成分検査の実施されている

CHECK3
  ニコチンの有無